『ALLPOWERS S2000 PRO』レビュー 大容量1500Whで定格2400W高出力!しかもコスパもGOOD!

 

ここ数年で販売されているポータブル電源の種類はかなりの数になってきております。

2023年もポータブル電源市場の勢いはより増すと予想されます。

そんな中、

ミッつぁん
今後日本でもポータブル電源で人気が出ると思われるコチラのブランドの商品をレビュー紹介したいと思います。

 

ALLPOWERS S2000 PRO

 

ALLPOWERS(オールパワーズ)というブランドから販売されているポータブル電源「S2000 PRO」。

2020年 makuakeで販売された製品 「ALLPOWERS MONSTER X」のアップグレード版にあたる製品になります。

 

ALLPOWERS(オールパワーズ)について

ALLPOWERSとは?

「ALLPOWERS株式会社」の本社「ALLPOWERS Industrial International Co., Ltd.」(http://allpowers.com/) は、2010年に設立(本社:香港)。
ソーラーパネルから蓄電池までの開発・製造・販売を行なっている企業。
ドイツやフランスをはじめとするヨーロッパで活躍中。
2020年12月に日本国内において子会社「ALLPOWERS株式会社」(https://allpowers.jpを設立し、日本市場へ本格参入。
ポータブル電源とソーラーパネルのメーカーとして、今後日本で「ALLPOWERS」というブランドを展開し、購入からアフターフォローまでサポート体制を行う。

世界的にも高水準な製品を世界30か国以上に提供しているメーカブランドです。

日本法人が2020年に設立され、本格的に日本で販売を開始したのは2021年ごろからでしょうか。

販売初期には色々と製品の不具合も報告されていたようですが、

研究開発メーカーだけあり、即応に改良を繰り返して今では製品保証が5年でポータブル電源の販売をされています。

製品保証5年(メーカー保証2年+延長保証3年=5年)ってなかなか他のメーカーではないので、製品に対する自信を伺えますよね。

ミッつぁん
決してや安くはないポータブル電源の購入時には安心感があるのではないでしょうか。

 

それでは本題のS2000 PRO ポータブル電源を見ていきたいと思います。

SPEC詳細

SPEC詳細

バッテリー容量1500Whの大容量
定格出力2400Wの家電が使えて、
大きさが37.5 x 24.5 x 25cm、重量が14.5kg。

ミッつぁん
持ち運びもしやすい大容量ポータブルバッテリーとしてはかなり使い勝手がいいかと。
製品名 S2000 PRO
容量1500Wh (405405mAh)
定格出力2400W (瞬時4000W)
制御方法MPPT、 APP、 無停電電源装置UPS
AC100Vコンセント4口(純正弦波)
シガーソケット出力1口(13V10A)
DC&USB出力RV30A x1、
USB-C PD100W x2、
USB-A 5V3A x4、
フル充電方法AC充電器(1.5時間)、
ソーラー充電、
シガーソケット充電 、
サイズ37.5 x 24.5 x 25cm
重量14.5kg

 

細部を画像でご紹介

まずはパッケージから


ブラックを基調としたパッケージ。これが段ボールに保護されて届きました。


しっかりしたクッションに梱包されて本体と付属品が入っております。


梱包品内容は、
S2000 PRO本体、説明書等、ケーブルバッグ、本体カバー。

本体をぐるっと見てみましょう。

第一印象

実物を見るまでは少しチープな感じなのかなと思っておりましたが、
ブラックとグレーを基調としたマッドな質感とシンプルなデザインで個人的にはシンプルでいい感じだと思いました。

1500Whと大容量なのでもっと大きかと思っていましたが意外にコンパクト。
コレならキャンプなどのアウトドアにも持って行きやすく、高出力家電も使えるので良さそうです。


付属のケーブル類は、左から
・AC充電ケーブル
・シガーソケット充電ケーブル(本体側XT60端子)
・ソーラー充電XT60専用ケーブル


説明書と保証書。

保証書は2年保証と表記。メーカー保証2年+延長保証3年=5年保証になるようです。

 

機能紹介

1500Whの大容量バッテリー

数年前までは1000Wh以上のポータブルバッテリーはかなり大きく重い印象でしたが、

今では1500Whの大容量でもコレだけコンパクトで軽量化されてきております。

ミッつぁん
ちなみに1500Whだとどれぐらい使えるかというと

photo by ALLPOWERS

上記画像を見てもらえたらわかる通り、かなり長時間使える事がわかっていただけるかと。

ミッつぁん
キャンプでポータブル電源を使うのであれば、

ウインターキャンプ

冬の時期なら使う選択肢として電気毛布が使いやすいですよね。

電気毛布が40Wと仮定すると約36時間。ファミリーで使う場合、一枚では足りないと思うので二枚ぐらい電気毛布(40W x2枚)を使っても約18時間は使えます。コレならば2泊のキャンプでも就寝時の底冷えを軽減して暖かく眠ることが可能です。
使うのならば、

サマーキャンプ

夏の時期なら使う選択肢として扇風機やポータブル冷蔵庫があるかと。

50W消費する扇風機なら29時間+と長時間使えますし、サーキュレーターなどをテント内で回して熱を逃す事も可能です。
または車載用の冷蔵庫(シガーソケット)などをポータブル電源を使ってキャンプで使うのもいいですよね。
1泊2日程度であればこのポータブル電源があれば常に冷たい飲み物や冷凍庫なんかも使えますのでアイスなんか暑いキャンプで食べれたら最高ですよね。

車中泊

軽バンなどの車中泊にはコンパクトでおすすめ

最近流行りの軽バンや普通乗用車の荷室を居住スペースにして車中泊される方も多いのではと。
そんな時にもこのコンパクトで大容量の「S2000 PRO」はスペースを取らない上に、
定格出力2400Wなので、電子レンジや電気ポット、ホットプレートなども同時に使える出力があるので
ガスや火をあえて使わなくて安全に車中泊ができます。

 

 

 

家電のほとんどが使える定格2400Wの高出力

2400W(サージ4000W)エアコンなど大出力の家電でも使える高出力が魅力。

1500Whのバッテリー容量で定格出力2400Wまで使えるポータブル電源も他にはなかなかないかと。

ミッつぁん
コレがあれば、高出力の家電である電子レンジやホットプレート、ヘアードライヤーなども同時に使えちゃいます。

 

合計12台のデバイスへ同時充電

出力ポート合計で12端子を搭載

photo by ALLPOWERS

 

コンセント型のAC100Vソケットは4つ。
コレだけ高出力なので4つあれば同時に複数の家電を使えて助かります。

RV専用ポート1つ。
日本では使う方は少ないと思いますが、キャンピングカーなどに使われる端子です。(230V/30A)。

 


シガーソケットが1つ。

USB-Cポート2つ 。
PD100W 急速充電に対応してるのでノートPCなども専用アダプター無しで充電しながら使用可能です。

USB-Aも4つ。
LEDライトなど複数持ってる方には一度に充電ができるので助かります。

 

 

 

ライフサイクル数は1000以上

現在主流になりつつあるリン酸鉄リチウムイオンではない、三元系ポータブル電源ではありますが、
ライフルサイクルは1000回以上と一般的な三元系ポータブル電源(500〜600サイクルが一般的)よりもライフルサイクルは上です。

 

しかも下記の通り安全性にも優れています。

BMS搭載高い安全性を実現

photo by ALLPOWERS

S2000PROは日本PSE適合性証明、UN38.3、UL、FCC、RoHSなど国際規格に準拠していることに加え、先端ICを備えたBMS (バッテリーマネジメントシステム) を搭載しており、入出力の過電圧保護や過充電保護、短絡保護、過熱保護など多数の安全機能を有しています。

ミッつぁん
安全性に関しても国際規格に合格した製品であることは安心して購入して使用できますよね。

 

 

アプリで操作可能(BLUETOOTH)

S2000 PROは専用アプリ「ALLPOWERS」によるリモート制御に対応しています。本体上部に備えたDCボタンを長押しして、液晶画面にBluetoothマークが表示され、ポータブル電源と直接接続できます。バッテリー残量の確認、50HZ-60HZ切替、電源のオン/オフ、出力ポートのオン/オフなどのリモート制御を実現します。LEDライトのオン/オフを遠隔操作したり、ベースキャンプから離れているときに電池残量をモニタリングしたりキャンプが一層快適になります。
【ご注意】初めてBluetoothを接続するには、取扱説明書にあるQRコードをスキャンしてアプリをダウンロードする必要があります。

 

シンプルでわかりやすい液晶画面

見やすく簡潔に表示されているのでわかりやすくていいですね。

photo bt ALLPOWERS

電池残量(%表示もあり)のほか、出力電力に対し残りの使用時間を表示してくれたり、出力中の端子マーク、エラーマークなど細かくあります。

 

 

急速充電対応

photo by ALLPOWERS

ACの場合1500W(1.5時間で満充電可能)
ソーラーパネルの場合650Wまで(650W充電時で2〜3時間でフル充電可能)
車のシガーソケットから最大130W(約12時間でフル充電可能)
デュアル充電:AC+ソーラーパネル(最大1500W)(1.5時間で満充電可能)

ミッつぁん
電源ケーブルだけ(ACアダプターなし)で充電できるのは邪魔にならなくてありがたいです。


ミッつぁん
AC充電中は1500Wで充電と言うことですが、なんと1550W超えで充電している時間もありました。

コンセントから最大1500W以上の電力を供給する事になりますので、タコ足配線などはせず必ず壁面コンセントから充電するようにして下さい。環境によっては部屋のブレーカーが落ちる可能性も有ります。

 

ここで気になった点

充電中はかなりファンが高回転で回る事もあってなかなかうるさいです。ですので充電するときは別部屋で行うなどの配慮が必要かと思いました。


ファンは両サイドに付いています。


正面から見て左側が吸気用のファン。右側が排気ファンになっています。
充電中はかなりファンが回りますので、吸気&排気付近は壁際などは避けて空間を確保したほうがいいです。

 

 

UPS(無停電電源装置)機能

photo by ALLPOWERS

S2000 PROをコンセントに繋ぎ、UPSで利用したい電化製品を本体に接続するだけで、停電を検知すると0.015秒以内で内蔵バッテリーからの給電に切り替わります
万が一の停電や突然の電圧低下から安全にシャットダウンするまでの時間稼いでくれます。
職場やオフィスに設置すれば、データ損失などのトラブルを未然に防げます。
停電していない時は、パススルーで内蔵バッテリーを介さずに直接ディバイスへ給電するので、バッテリー劣化の心配もなし。
UPS機能モードの場合、出力は1500Wまで。

 

実際に高出力使用テスト

今回テストで使用したのが、

  1. 電気ヒーター
  2. 電気ポット
  3. ヘアドラ一ヤー


ヒーターと電気ポットで湯沸かし開始すると、
大体1800Wぐらいの消費電力

そこにヘアドライヤーをオンすると


2300W強の消費電力まで上がったところは数秒確認しましたが、

定格出力の2400Wを超えたのでしょう、電力供給が不安定になり、ヒーターの安全装置が働き、ヒータの電源がOFFになりました。

なので、「S2000 PRO」本体のOVER LOADのエラーメッセージが点灯するまでやってみようかと思ったのですが、

ミッつぁん
うまくいきませんですいません。
ミッつぁん
ですが、ちゃんと定格2300W強までなら電力を出力できる事がわかったのでヨシとしたいと思います。

 

電力供給時は充電の時ほどファンはうるさくなかったです。

 

 

まとめ

 

ミッつぁん
ごめんなさい!!正直言いますと、そこまで期待はしておりませんでした。

なぜなら今主流になりつつあるリン酸鉄リチウムイオン電池ではなく三元系だったので。

ですが、蓋を開けて見ると、

1000回以上の充電給電サイクルでしかも5年保証!!

ミッつぁん
安全規格ももちろん合格してますし、申し分ない製品です。

キャンプや車中泊などの限られた使用ならば1000回も使えればかなり使えるのではないかと。

ミッつぁん
しかもコスパがやっぱりいいんですよね。

amazonでは現在、定価:199,999円(税込)が割引クーポンを使うと

60,000円引きの139,999円(税込)で買えます。

1500Whの容量で、定格出力2400Wできるポータブル電源がこの値段で買えるのならかなりお得かと。

 

ここまでの高出力&大容量はいらない方なぁ〜と言う方にも

ミッつぁん
ALLPOWERSブランドの他のポータブル電源も選択肢にいかがでしょうか。

ALLPOWERS S1500

出典:amazon

容量1092Wh / 定格出力1500W と必要十分。

amazonでは現在、定価:129,999円(税込)が割引クーポンを使うと

30,000円引きの99,999円(税込)で買えます。

10万円以内で1000Whクラスの容量のポータブル電源が買えるならかなりいいんではないかと。

 

ミッつぁん
ポータブル電源をどれにしようか悩んでる方の選択肢の1つに「ALLPOWERS シリーズ」を入れてもいいのではないでしょうか。

ミッつぁん
今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。