EcoFlow EFDELTA(エコフロー イーエフデルタ)レビュー。大容量で高機能な最強のポータブル電源。

SALE情報

★ EcoFlow ポータブル電源 秋SALE 最大30%OFF!!
9月29日(木)〜10月12日(水)まで!!



★Jackery ポータブル電源 最大20%OFF 9月特別SALE!!
9月6日(火) 〜 9月30日(金) まで

 

 

ポータブル電源も容量が大きくなれば比例して、出力能力も高くなるのは事実。

バッテリー容量が大きくなれば体積も大きくなってしまいます。

持ち運び性や災害時の保管にも場所を取り過ぎるのも考えどころ。なので、

ミッつぁん
私が大容量&高性能ポータブル電源の条件を考えると

条件内容

  • キャンプなどアウトドアで持ち運びが可能な大きさ&重量。
  • 大容量(1000Wh以上)、高出力(1200W以上の電化製品が使える)電源。
  • 高速充電&充電方法が複数ある電源。
ミッつぁん
この条件を満たしてくれるポータブル電源はこれかと

EcoFlow EFDELTA 1260Wh

 

SPEC & 特徴

アメリカTIME誌の「2021年の発明ベスト100(THE BEST INVENTIONS OF 2021)」に選出されました!

EcoFlow自社開発&生産されたポータブル電源「EcoFlow DELTA Pro」メディアTIME誌が選ぶ「2021年の発明ベスト100(THE BEST INVENTIONS OF 2021)」に選出されました。

ミッつぁん
今回はその製品を作ったEcoFlowの名前を世に知らせた代表作の「EFDELTA」になります。

 

製品名 EFDELTA
重量 14kg
寸法 40x 21 x 27cm
容量 1260Wh
充電方法(入力) AC壁コンセント(最大1200W X-Steamテクノロジー)、
12Vシガーソケット、
ソーラーチャージャー(最大400W)
AC充電時間 約1.6時間(フル充電時間)
出力 AC出力 x6(合計1600W/サージ3100W)、
USB-A出力 x2(12Wx2)、
USB-A急速充電 x2(18Wx2)、
USB-C出力 x2(60Wx2)、
シガーソケット出力 x1(108.8W)
保証期間 お買い上げ日から24カ月

特徴

このポータブル電源が優れている機能

  • 「X-Streamテクノロジー」1時間で0%〜80%まで急速充電が可能
  • 同時に13台ものデバイスに給電できる、定格1600W出力!!
ミッつぁん
上記の特徴は後ほど画像を交えて詳しくご紹介します

今回は前回ご紹介した、

ミッつぁん
EcoFlowの大人気RIVERシリーズ「RIVER Proとの比較も交えてご紹介します。

 

外観と付属品


パッケージはブラックが基調のパッケージ。


RIVER Proとのパッケージ比較。1.5倍ほどの大きさでしょうか。


開封すると、しっかりと補強材に包まれております。上部補強材を外すと収納バッグに包まれた楕円形の本体が。


内容物は、EFDELTA本体(収納バッグ付き)・(説明書)・(付属品パッケージ)

付属品内のケーブル類は

  • AC充電ケーブル(1.5m)
  • シガーソケット充電ケーブル(1.5m)
  •  MC4 to XT60 ソーラーパネル充電ケーブル(1.5m)


収納バッグを装着してもしっかりとグリップを掴んで持ち運びでき、底面も厚めの生地でできています。

本体に沿ったピッタリしたバッグで、長期間使わない時や、運搬時での傷や汚れ方守ってくれます。


全体像はこんな感じ。

上部に両手で持てるグリップがるので天板があるようなフォルムですが、実際は立方体で


本体重量が14kgあるので、しっかりと持ち上げれる点などよく考えられたデザインだと思います。


天板部分はフリースプレーという塗装だそうで、パターンの違ったムラがあるグレーカラーです。

淵がラバー性で、すり鉢状になってますので小物を置くトレーのような機能を有しています。

本体は防水機能はないので、飲み物等を置く場合は注意が必要です。


RIVER Pro とのサイズ比較。見た感じ1.5倍ほどかと。

容量RIVEER Proが720WhEFDELTAが1260Whなので1.75倍

重量RIVEER Proが7.2kgEFDELTAが14kgなので約2倍

なので、大きさやデザイン的にも理にかなった考え抜かれた事がわかります。

 

特許技術:X-Steam テクノロジー

本体裏側にある、フラップを開けると


左からソーラーパネル接続端子、AC充電端子、過負荷保護スイッチ。


急速充電するには、真ん中のAC充電端子に付属のケーブルを壁面コンセントと接続します。

ミッつぁん
この画像を見て何かお気づきの点はありませんか?

そうなんです!RIVER Proのご紹介でも書いた事ですが、


他社ののポータブル電源の場合、アダプター部分がケーブルの間にあるのですが、

EcoFlowのDELTAシリーズは勿論。ほとんどの製品にアダプターがなく、充電ケーブル直結なんです。

これを実現するには本体内部にこのアダプターの機能を組み込む必用があるので、

その分本体が大きくなる可能性がありますが、考え抜かれた設計で最小限に抑えられてます。

地味にすごい事だと思いましたし、

ミッつぁん
持ち運ぶ時に意外とアダプター付きの充電ケーブルは邪魔になるんで助かります。

 

X-Stream急速充電時の検証


バッテリー容量は0%から。
宅内壁面コンセントに接続と同時に計測スタートです。


コンセントに刺した直後は充電力は250Wほどから始まり、45秒ほどで600Wを超え始めました。


充電容量が10%を超えた当たりまでは650Wほどを維持して充電しておりました。


充電容量が20%前後になると、もう一段階充電電力がアップ。1050W前後まで上がりました。


ミッつぁん
ジャストタイミングを逃してしまいましてすいません。

他の用事をしている間に、充電開始から1時間を2分半ほど超えてしまいました。ですが、

充電量の表示は84%!!

ミッつぁん
キャッチフレーズの1時間で0〜80%急速充電を見事達成!!


その後、約1時間30分の短い時間で100%フル充電が完了です!!

ミッつぁん
驚きました。この1260Whもの容量を1時間半で充電できるなんてすごい。

注意

今回の充電テストでは、電力量が1050Wほどが40〜50分ほど継続して家庭のコンセントから電力を必要としました。
ですので延長コードなとを使わず、宅内壁面コンセントに直接繋ぎ、他の家電と同時に使ったりするのは控えたほうが良いかと思われます。
電力使用が多すぎる場合ブレーカーが落ちたりする可能性も考えられます。

 

定格出力1600Wを検証

このテストは避けれませんね。

ミッつぁん
合計で1600Wの家電製品を使ってみたいと思います。


液晶パネルと反対側にACコンセント差し込み口が6個あります。

スイッチを押してビープ音と共にLEDが点灯すると、コンセント出力6個を使えるようなります。

今回のテストに使うものは。

  • ハロゲンヒーター(400W、800W切替スイッチ付き)
  • ヘアドライヤー(1200W)

こちらを使って検証します。


ハロゲンヒーター400Wで使用時のEFDELTA液晶消費電力は390W前後。


ハロゲンヒーター800Wで使用時のEFDELTA液晶消費電力は780W前後。

そして、このハロゲンヒーター400W使用とヘアドライヤーフルパワーの1200Wを使用するとどうなるか?


合計で約1600Wでの使用をテストを。


1558Wで安定しての動作を確認!!

そこで、オーバーロードがちゃんと効くのか検証しようかと、

ハロゲンヒーターを800Wのスイッチに切り替えてみると?(合計で2000Wになる計算)

なんと!!液晶表示は2000Wは超えずでしたが数分ほどは

ミッつぁん
安定して動いておりました。

2000Wぐらいまでならちょっとの短時間なら使えそうです。

ミッつぁん
ただ、本体に搭載の4個のファンは爆速と大きめの音で回っておりました。

ここまで安定して動いてくれるとなると、

ミッつぁん
震災時などに使えると嬉しい電子レンジも安定して動くのででは?

検証してみました。


普段家庭で使ってる電子レンジです。


コップに水を入れて、600Wで2分間使ってみました。

 


900Wほどで、安定して動いています。

もちろんちゃんとコップの水も熱くお湯になってました。

左側の「01」Hours という表示はこの出力(922W)だと約1時間使用できるって事なので、

電子レンジ600WでこのEFDELTAのポータブル電源(100%充電時)があれば1時間ほど使えるという事。

ミッつぁん
これはもしもの震災時などには電子レンジを1時間使えるのは非常に役に立つのではないでしょうか。

仕事で電力供給がない場所等での工具使用時にも役立つのではないでしょうか。

 

まとめ

気になった点が2つ

専用アプリが非対応
「RIVERシリーズ」と「DELTAシリーズの数種」(EFDELTA以降に発売された機種)には
アプリでの細かい設定や管理などもできます。が、このEFDELTAにはその機能は付いてないのが残念かなと。
なくても問題はないと言えばないのですが。せっかくの高額なポータブル電源だけに付いていればソフトウェアアップデートも可能なので。

X-Boost非対応
これもEFDELTA以降に発売された機種に付いてる機能で定格出力以上の電化製品を使っても、その電化製品のパワーを抑えてうご描くことができるテクノロジー。
EFDELTAの場合は定格出力が1,600Wなのでこれも問題ないのですけどね。

参考

この2項目に関しては最新機種で搭載されている機能ですので、フラグシップモデルのEFDELTAにはない機能です。ですが、根本の性能に関しては変わらないテクノロジーが使われてますのでそこまで問題ない点ではあります。

上記2つが搭載された新製品がよく、お手頃に手に入れたいのならば、「DELTA mini」はおすすめの商品ですよ。

総評すると、なんと言っても一度に使える電力が定格1600Wが安定して使えるという事はかなりの強みかと思います。

EFDELTA(1260Wh)は大容量のポータブル電源になりますので、どうしても大きさや重さはそれなりの質量になります。

ですが、充電時のアダプター部分が本体に組み込まれてる事も考えればこの大容量の割にコンパクトにまとめられてるかと。

これぐらいの大きさならミニバン系の積載に余裕が作れるキャンパーさんならキャンプに持っていけますよね。

 

キャンプなどのアウトドアに。もしもの災害時に。

ご家庭のほぼ全ての家電製品が使えるこのポータブル電源・DELTAシリーズの「EFDELTA」

お勧めできるポータブル電源です。

 

ミッつぁん
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

こちらもCHECK

EcoFlow ポータブル電源 RIVER Pro をレビュー。独自テクノロジーでミドルクラスでは最強ポータブル電源。

  今回は以前より個人的に気になっていた EcoFlowさんのポータブル電源シリーズをなんと!! 使う機会(ご貸与)を頂けましたので ミッつぁん 製品レビューをしてみたいと思います。 先に結 ...

続きを見る

こちらもCHECK

[2022年版]ポータブル電源おすすめはこれだ! 厳選6ブランド39製品。迷ったらこの中から選べば間違いなし。

  近年のポータブル電源市場もアウトドアブームや 災害時での需要などで活発になってきており、 色々なメーカーから販売されるようになってきました。そうなると ミッつぁん どれがいいのか?迷うこ ...

続きを見る

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-EcoFlow, ポータブル電源