EcoFlow ポータブル電源 RIVER Pro をレビュー。独自テクノロジーでミドルクラスでは最強ポータブル電源。

スポンサーリンク


SALE情報

セール情報があり次第、告知いたします。

 

 

今回は以前より個人的に気になっていた

EcoFlowさんのポータブル電源シリーズをなんと!!

使う機会(ご貸与)を頂けましたので

ミッつぁん
製品レビューをしてみたいと思います。

先に結論を言っちゃいますが、今(2022年現在)まで色々とポータブル電源を使ってきましたが

ミドルサイズ容量(500〜700Wh)の中では

ミッつぁん
1、2位を争う非常におすすめできるポータブル電源です!!

その製品はこちらです!

ポータブル電源 EcoFlow RIVER Pro(容量 720Wh)

 

 

SPEC & 特徴

Makuake Award 2021で「RIVERシリーズ」がGOLD賞受賞 !

2020年8月に発表された「EcoFlow RIVERシリーズ」は、約2ヶ月間で応援購入金額を5億円以上集め、当時のMakuake歴代最高応援購入金額を達成しました。

ミッつぁん
このRIVERシリーズの容量最上位版になります。
製品名 RIVER Pro
重量* 7.2kg
寸法 28.9x 18.0 x 23.5 cm
容量 720Wh (28.8V)
充電方法(入力) AC壁コンセント(最大660W X-Steamテクノロジー)、
12Vシガーソケット(12V/24V DC 12A)、
ソーラーチャージャー(200W 10-25V DC12A)
出力 AC出力(x3)、
USB-A出力(x2)、
USB-A急速充電(x1)、
USB-C出力(x1)、
シガーソケット出力(x1)、
DC5521 出力(x2)
保証期間 お買い上げ日から24カ月

特徴

他メーカーのポータブル電源にはない特徴的な優れている機能

  • 「X-Streamテクノロジー」1時間で0%〜80%まで急速充電が可能
  • 「X-Boostテクノロジー」最大で一部1200W出力のデバイスに電力を供給できます。
  • エクストラバッテリーを接続して容量を720Whから1440Whに倍増させることが可能。
ミッつぁん
上記の特徴は後ほど詳しくご紹介します

 

外観と付属品


パッケージもホワイトカラーでシンプルでいいです。


デザインもカラーリングもシンプルでごちゃごちゃしてなくて高級感がありますね。


グリップはもちろんしっかりしていて、うっすらとECOFLOWのロゴの凹凸が入ってるのも目立ちすぎなくていい感じ。

付属品

  • ユーザーマニュアル
  • AC充電ケーブル(1.5m)
  • シガーソケット充電ケーブル(1.5m)
  •  MC4 to XT60 ソーラーパネル充電ケーブル(1.5m)
  • DC5521-DC5525 ケーブル

 

EcoFlow専用アプリ

 


アプリはアンドロイド用、iPhone用両方ともあります。
WiFiに繋いで設定できます。WiFi接続は2.4GHzのみ対応

関連

他にも【直接接続モード】【Bluetoothモード】で接続可能です。

詳しく知りたい方は公式の「EcoFlowアプリにつて」を参照ください。

ミッつぁん
僕の家庭環境だと2.4GHzが弱いので5GHz帯域も使えたらいいのになーと。

EcoFlowのRIVERシリーズは、スマホのアプリでポータブル電源の状態や電力の使用状況などを細かく確認できます。

細かく設定も変更できたり、ファームウェアアップデート(WiFiでインターネット接続時のみ可能)も行えますので、EcoFlowのポータブル電源でアプリ対応の製品を購入した場合は是非スマホに入れる事をお勧めします。
(アップデート後はファンの無駄な回転が減り、静音性が上がったとの報告もあります。)

ミッつぁん
ポイントごとにアプリ画面で設定できる項目なども交えて紹介していきますね。

 

X-Streamテクノロジー

出典:ecoflow

1時間で0〜80%まで急速充電できるという売り文句がやっぱり目をひきます。

ミッつぁん
そこで本当かどうか検証してみました。


正面向かって左側にあるフラップを上に開けると、充電ケーブルの差し込み口があります。

ここにAC充電ケーブルを挿して、家庭の壁面コンセントから充電します。

ここで、地味に驚いたのが

他社のポータブル電源の充電ケーブルには大抵、アダプター的な四角いボックスが途中にあるのですが、

ミッつぁん
これにはACアダプター的な物がないんです!!

キャンプなどで持ち運びする時に本体以外にアダプターも持っていかないといけないのが以外と邪魔になったりするんですよ。

このRIVER ProはもちろんEcoFlowさんのポータブル電源の多くがアダプターがなく、AC充電ケーブルのみなんです!!

これは地味に凄い事かと思います。

前置きが長くなりましたが

急速充電検証

 


バッテリーの残り容量が1%の状態から充電スタート。コンセントに刺した直後は充電ワット数は260Wほど。
左側の「03」という数字は見にくいですが残り充電するのにかかるおおよその3時間(3hour)と表示されています。
充電容量が増えると、hourからminutesに変わり、分表示に変わります。


充電開始から2分経過後。充電容量が3%まで上がり、充電ワット数が350Wを超えはじめました。


20分ほど経過すると、充電容量が30%近くまで上がり、充電ワット数が600Wに到達。

このあたりから、向かって右側面にあるファンが放熱する為に回り出しました。
手をかざすと暖かい空気が当たります。


充電開始から35分を超え、充電容量が50%を超えました。順調に急速充電できてます。50%前後あたりからは充電ワット数は620Wあたりを維持しておりました。
左側の数字が「50」minutsに、おおよそ50分で満充電になる様です。

おおよその数字でも満充電にあとどれくらいかかるかわかるのはありがたいですね。


充電開始から約1時間経過。充電容量は83%になりました。

キャッチコピー通り、

ミッつぁん
1時間で0〜80%急速充電可能という事実が検証できました。


1時間34分後、100%の充電完了ということになりました。厳密には

「あっ!100%になってる!」と気がついたのがこの時間だっただけでして。正確な時間ではな事はご了承いただければと。

ミッつぁん
1時間30〜40分(公称通りの1.6時間)で、0〜100%の充電が可能という事ですね。
注:その時の温度や状況によって充電にかかる時間の変動はあるかと思われます。

 

アプリから出来る設定

AC低速モード

急速充電は嬉しい機能の一つですが、充電を急がない場合はバッテリーやファンに負荷かがかりにくい低速モードにして充電するのもありだと思います。

ファンが回らない分、静かなので就寝中に充電する時などはいいですよね。

AC低速モード検証を少しの間行った時には充電ワット数は100W〜150Wあたりで低速充電してくれてました。

 

X-Boostテクノロジー

出典:ecoflow

X-Boostテクノロジー(特許申請中)機能をオンにすることによって最大で一部1200W出力のデバイスに電力を供給できます。

こう書かれると、

ミッつぁん
1200Wの家電をフルパワーで使えるの!?

と思い、早速1200Wのヘアドライヤーを使ってみる事に。


コンセント型の電化製品は本体向かって右側に3箇所差し込み口があります。
AC ON/OFFボタンを押すと「ピー」というビープ音と共にLEDライトが点灯し、使用できます。

アプリから出来る設定

ビープ音


何気に嬉しい機能でアプリからビープ音を消すこともできます。

ミッつぁん
キャンプ場などで深夜にピーッ!と高い音は響くので気を遣いますからね。

 

恐る恐るドライヤーを「LOW」から「HIGH」モードにしてもオーバーロードせずに、使えてます。

ミッつぁん
これは凄いんじゃないか?!
ん?風量がなんか弱いぞ!?
ミッつぁん

カラクリがわかりました。

風量モードによって消費電力がわかる画像を交えてお伝えします。

例その1


上記画像を見てもらうと、「COOL」はその名の通り冷風ですので、使用電力は94Wと少ないですね。

「LOW」は温風の弱モード。使用電力は459Wとこのモードは元々これぐらいの消費電力かと。

で、次も見てもらうと。

「HIGH」の温風の強モード。このドライヤー製品は1200Wなので1200Wまで上がるかともいきや、表示は599Wと600Wを超えない消費電力に。

 

もうお分かりの人もおられるかと思いますが、わかりやすく言いますと

1200W出力の電化製品も600Wのパワーに抑えて使用できるって機能がX-Boostテクノロジーな訳です。

なので、家電製品の性能をフルパワーで使うことはできないかもですが、

この大きさ(700Wh前後)のポータブル電源市場界隈では最大出力が600W以上の家電製品はオーバーロードしてしまい、使えない事がほとんどです。

例その2


もう一つ参考にまでに。
400Wと800Wの切り替えで使えるハロゲンヒーターです。
400Wモード使用時は上部のハロゲンランプ1本を使い、消費電力は390W表示です。
800Wモード時は上下2本のハロゲンランプを使いますが、X-Boostモードなので最大600Wに抑えて使っています。
なので上下2本とも熱量が弱く、遠赤外線のオレンジ色が薄いのがお分かりかと。

実際のフルパワーで使えなくても家庭内の600W以上の家電を使える事の利点キャンプや車中泊のアウトドアにおいてはもちろん。

災害時にも大い役に立つシチュエーションはあるのではないでしょうか。

 

アプリから出来る設定

AC低速モード

購入時はX-BoostモードはONになってます。ON・OFF変更したい場合はアプリから行えます。

OFFにすると、600W以上の家電を使うとオーバーロードして停止します。

 

エクストラバッテリーで容量を倍増

出典:EcoFlow

RIVER Pro 専用エクストラバッテリーを使うと、720Whから倍の容量の1440Whになります。

統合して一つのポータブル電源として機能します。

注意

容量がアップしましたが性能に関しては、RIVER Pro単体と同じです。X-Boostに関しても最大一部1200W出力までの電化製品に電力を供給できます。

RIVER Pro エクストラバッテリーは単独では使用できません。使用するには、RIVER Pro本体が必要になります。

ミッつぁん
RIVER Proを購入した後に、もっと容量が欲しい使い方をしたくなった時にでも、コスパ良く容量をアップ出来るのはいいですね。

 

まとめ

ミッつぁん
まずはまとめとしてEcoFlow公式のムービーをご覧ください。

700Wh前後のポータブル電源は、小さすぎず大きすぎず、人気のある容量クラスです。

ミッつぁん
その中でこのRIVER Proは個人的には1、2を争うポータブル電源です。

なんと言ってもEcoFlow独自の機能「X-Streamテクノロジー」「X-Boostテクノロジー」

キャンプなどのアウトドアでは勿論。

いざという時の災害時にはこの上なく威力を発揮する性能ではないでしょうか。

どれにしようか?ポータブル電源選びで悩んでる人においては、

候補に上がるポイントですね。

 

ミッつぁん
今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

こちらもCHECK

EcoFlow EFDELTA(エコフロー イーエフデルタ)レビュー。大容量で高機能な最強のポータブル電源。

  ポータブル電源も容量が大きくなれば比例して、出力能力も高くなるのは事実。 バッテリー容量が大きくなれば体積も大きくなってしまいます。 持ち運び性や災害時の保管にも場所を取り過ぎるのも考え ...

続きを見る

こちらもCHECK

[2022年版]ポータブル電源おすすめはこれだ! 厳選5ブランド35製品。迷ったらこの中から選べば間違いなし。

  近年のポータブル電源市場もアウトドアブームや 災害時での需要などで活発になってきており、 色々なメーカーから販売されるようになってきました。そうなると ミッつぁん どれがいいのか?迷うこ ...

続きを見る

スポンサーリンク

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-EcoFlow, ポータブル電源
-,