キャンプいこうぜ!自然と戯れよう!

MNKK CAMP n' Roll

サイト内検索

Campギア ギア選び

モンベル バロウバッグ 秋~冬キャンプのシュラフ(寝袋)に。 連結できるので小さい子供と一緒に使うのにもお勧め。

更新日:

 

 

昨日からぐんと涼しくなってきた今日この頃。

 

うちのファミキャンの悩み事の一つに

 

秋~冬キャンプの子供用シュラフ(寝袋)

 

大人用はピンからキリまで色々な温度範囲のシュラフがあるので選ぶのには困りません。

でも子供用って低温に耐えれるシュラフ(寝袋)ってほとんどないんですよね。

夏場は子供用のシュラフがなくても大人用を掛け布団として使ったりすれば十分です。

 

でも冬はやっぱり低温耐用のシュラフ(寝袋)に入ってしっかりした密閉感がないと体温が逃げてしまい寒さに耐えることになっちゃいます。

 

そこでうちの家族が選んだシュラフがこれです。

 

montbell モンベル バロウバッグ

 

今回チョイスしたのは #1 なんです。

子供用は無いので大人用です。

えっ?子供用と言ってるのに?とお思いでしょう。

 

ですが、写真を見てお気づきの方もいると思いますが、

 

R/ZIP、L/ZIPの記載通り、ジッパーが右仕様と左仕様があるんです。

 

なもんで連結ができちゃうんですよ。

化繊マミー型で連結できるのは僕が知ってる限りではこのモンベルのバロウバッグシリーズだけかな?。

 

なので子供1人と大人1人と低温度対応のマミー型の寝袋に一緒に入れるんです。

僕の娘はまだ3歳なので、ママと一緒に寝たいんですよね。(上記画像は息子小2と愛妻)

 

子供側は足が余るので縛ってやれば隙間が減って温度もより維持できるでしょうから。

ちなみに僕と息子小2は、別の大人用のシュラフで寝るって事になってます。

息子はもう一人でも寝れるのでね。

又は息子と娘が一緒に寝たいと言えばバロウバッグの連結に二人とも入れて足元縛ってやればぬくぬくで寝れると思いますしね。

子供が大きくなっても単体で使えますし、もちろん大人が使ってもいいですし。

 

なのでこれが我が家ではベストの選択になったって事です。

 

 

せっかくですのでモンベルのバロウバッグにも種類があるので説明がてら簡単に紹介しときます。

バロウバッグのライナップ

コンフォート温度リミット温度重量(バッグ含む)収納サイズカラー
#0-7℃-14℃2,040g(2,179g)φ22.8×45cm(14.9L)サンライズレッド(SURD)
#1-3℃-9℃1,680g(1,781g)φ21.8×43cm(13L)オレンジ(OG)
#22℃-4℃1,460g(1,554g)φ20.5×41cm(10.8L)サンフラワー(SUF)
#36℃1℃1,050g(1,085g)φ18×36cm(7.3L)バルサム(BASM)、サンライズレッド(SURD)
#59℃4℃870g(902gφ16×32cm(5.1L)ブルーリッジ(BLRI)、オレンジ(OG)

・【素材は同じ】表地:40デニール・スーパーマルチ・ナイロン・タフタ[超耐久撥水加工]

・【対応身長も同じ】身長~183cmまで対応。(全てのラインナップで高身長~190cm対応のロングバージョンもあり)

・【ジッパーについて】R/ZIP:右ジッパー、L/ZIP:左ジッパー それぞれのバージョンであり。(ロングバージョンは右のみ)

・【スーパーストレッチシステム】ストレッチ素材なのでシュラフの中でも動きやすい。135%の伸縮率があるそうです。

秋冬用で考えると#0,#1,#2 の3種類でしょうか。

ショップ購入レビューなど見てると、これも人それぞれ体感温度も個人差がありますし、

表示通りとはいかないまでも、今回私たち家族は#1を選んでみました。

 

 

バロウバッグ ファーストインプレッション

・やはりなんといってもマイナス温度対応のマミー型シュラフで連結できるってのが購入のポイントです。

・もちろんの事、しっかりした商品なので、チャックで連結した時もビシッと綺麗に連結できます。

首元も内側と外側の2重で閉めれるので温度も逃げにくいと思います。

化繊なのである程度厚みと重さがありますが、それが温かみを生むので仕方ないですよね。

寝心地はもちろん厚みがあるので文句なしです。

・温度に関しても、20℃ほどの室内だとすぐに体温で暖かくなり汗をかくぐらいです。こればっかりは寒いキャンプで使ってみないとわからないですが。

・あと意外と収納(バッグ詰め)がやり易いです。何故かというと

スタッフバッグがコンプレッションバッグになってるので入り口が広いからなんです。

入れる時は本体を足元から軽く空気を抜きながらクルクル丸めてバッグに入れて

口を閉じて形を整えながら絞り上げるだけ。これで上記画像の右側になるんです。

 

 

家で色々試してみた結果、これを選んで正解だったと思っています。

早くキャンプで使ってみたいです。

使ってみたらまたレビューしたいと思います。

お子さんがまだ小さい家族の冬キャンプのヒントになればうれしい限りです。

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございます。

↓クリックして頂けるとブログの励みになりますのでよろしくお願いします!!


オートキャンプランキングへ

googleアドセンス336px

googleアドセンス336px

-Campギア, ギア選び
-, , , ,

Copyright© MNKK CAMP n' Roll , 2017 All Rights Reserved.