BLUETTI ポータブル電源 AC200MAX レビュー。大容量高出力で拡張性が高く、リン酸鉄リチウムで安全長寿命バッテリー。

 

ポータブル電源も多くのメーカーから多種に渡り販売されてる昨今。

Bluetti(ブルーティ)といえば

私個人的にはなんと言っても

リン酸鉄リチウムイオンバッテリーが特徴なんじゃないかと思っております。

これは充放電サイクルが3500回以上可能を実現しており、

三元系リチウム電池(500〜1000サイクル程が主流)と比べるとサイクル寿命が3〜5倍ほどあるのです。

今回ご紹介する大容量(2000Whクラス)、高出力(定格2200W)のポータブル電源になりますが、大きい分やっぱりお値段も高くなるクラスです。

それならば長期に渡り安全に使用できる物を選びたい方も多いはず。

ミッつぁん
そこでお勧めするのがこちらです。

 

 

BLUETTI AC200MAX 2048Wh

SPEC&付属品

型番 Bluetti AC200MAX
容量 2048Wh
定格出力 2200W(瞬間最大4800W)
AC100V 4口
RV出力 TT30 RV AC出力 120V/30A MAX
シガーソケット出力 1口
USB出力ポート USB-A 5-12V/3A,18W ×2ポート、
USB-A 5V/3A,15W ×2ポート、
USB-C 5-15V/3A,20V/5A ×1ポート
DC出力ポート DC5521 12V/10A x2ポート
ワイヤレス充電 5W/7.5W/10W/15W (本体上部に2ポート)
充電方式 AC-DCアダプター:58.8V,MAX500W、
カーシガ-ソケット:12-30V/8.2A、
ソーラーパネル:10-145V/15A,MAX900W
サイズ 440mm x 296mm x 387.5mm
重量 28.1KG

今現在使うであろう、充電方法や出力方法などは殆ど搭載されているのではないでしょうか。

ミッつぁん
全てに対応できる高機能なポータブル電源といえます。

ミッつぁん
本体はスーパーマリオに出てきそうな四角いブロック形状です。個人的にはシンプルで好きなデザインです。

 

 

AC200MAX公式紹介MOVIE

ミッつぁん
1分ほどの紹介動画ですので、大きさや使いやすさや拡張性もわかりやすいです。一度ご覧ください。

 

 

同梱品

 

AC200MAX本体以外に入ってるものは、

  • ACアダプター
  • MC4ソーラー充電ケーブル(MC4 からXT90)
  • カーチャージケーブル(車からXT90)
  • XT90変換アダプター(入力)
  • 取扱説明書
  • 保証カード
  • 合格証明書

 

リン酸鉄リチウムイオン電池を採用

photo by Bluetti

最初にも触れましたが、Bluettiのポータブル電源に使われている蓄電池は、

リチウムイオン電池の中でも特に安全性の高いプレミアム版のリン酸鉄リチウムイオン電池(LiFeP04)を使用しています。

これは電気自動車用のバッテリーなどにも採用されてる安全性が高いバッテリーです。

しかも充放電サイクルが3500回以上と三元系(ニッケル・マンガン・コバルト)のバッテリーに比べ安全で長寿命なのも特徴です。

リン酸鉄リチウムイオン電池とは?

よくニュースなどでスマホなどのモバイル用のバッテリーが熱で爆発や発火したりするのをみた事がありませんか?あれは三元系(ニッケル・マンガン・コバルト)のリチウムイオン電池で起こる可能性が高いんです。

ココに注意

リン酸鉄リチウムイオン電池は三元系電池より安全性、耐熱性に優れると言っても、過充電・過放電すると電池寿命には悪い影響がありますので、過充電・過放電状態での使用は推薦しません。

また、リン酸鉄リチウムイオン電池は長期使用(約10年)も可能だそうです。なので充放電サイクル回数も3500回以上と長寿命なのです。

ミッつぁん
10年間ほぼ毎日充放電(3500回以上)できるという事です。これってすごいですよね。決して安価な物ではないので長持ちする事は助かります。

 

複数の充電方式に対応

 

  1. 家庭用コンセントAC100V
  2. ソーラーパネル※3
  3. 車のシガーソケット
  4. 発電機(ガソリン発電機など)
  5. 鉛蓄電池(カーバッテリーなど。オプション販売の鉛蓄電池ケーブルが必要。)
  6. EVステーション※1

上記の7種類の充電方式に対応と公式には表記があります。

※2⑦の風力発電は日本では現実味がないですけどね。

※1⑥のEVステーションは現在普及が進んでいる、電気自動車の充電ステーションで充電ができるようです。ただまだ充電に必要な別売り充電ケーブルが発売されておりませんので予定とのことです。

ですので現在は5種類の充電方法が可能と考えておけばよろしいかと。

※3②ソーラーパネルからの充電は、10Vから145Vの電圧範囲に対応しており、最大900Wまで可能です。ソーラーからの不安定な電気は内蔵のMPPT回路によって最適動作点を追従し、常にソーラーパネルからの最大電力を効率よく充電することができます。

photo by Bluetti

 

実際の接続例として


基本は家庭内コンセントなどから付属のACアダプターで充電。


充電中はACアダプターが熱くなります。充電中はLEDランプがREDに点灯し、完了するとGREENに点灯します。

 

その他の充電方法は、XT90変換充電アダプター(入力)を介して使う形になります。


XT90変換充電アダプター(入力)にカーチャージケーブルMC4ソーラー充電ケーブルを繋いで使う感じです。

 

 

出力ポート

16台の電化製品に同時に電力を供給が可能。

photo by Bluetti

定格2200Wもの出力を供給できるので、出力ポート数が16ポートあるので16台以上の電化製品を一度に使おうと思えばできます。

ミッつぁん
実際には一度に16台以上の電化製品をつなげる事はないと思いますが
ミッつぁん
それだけ臨機応変に複数の事に対応できる万能型のポータブル電源という事ですね。

 

本体上部にあるワイヤレス充電ポートが2つある


個人的には本体上部のワイヤレス充電が出来るポートが2台あると妻と僕のiphoneをライトニングケーブルなしで充電できるので、コードを出したりしまったりのわずわらしさや、コードに足や物を引っ掛ける事がなく快適で便利でした。

 

 

タッチパネル操作


液晶のタッチパネルの反応も非常に良く、

DC・ACポートの出力もそれぞれタッチパネルでON/OFF操作をします。


最初起動したら、日付や時間などを液晶タッチパネルから設定できます。
液晶パネルの明るさ調節も可能です。

 

容量拡張

拡張バッテリーB230/B300(別売り)を接続すれば、容量が2048~8192Whまでに変えられます。調理家電や暖房器具といった大きな電力が必要なものが使用でき、B230/B300(別売り)を接続することで、更に継続的に長時間使用することができます。使用シーンに合わせて、電気容量をより自由に選べる時代になります。

photo by Bluetti

ミッつぁん
このAC200MAXを購入する一考として、バッテリー容量の拡張機能だと思うんです。

AC200MAX自体は大型ポータブル電源(2000Wh以上)の中でも決してコンパクトな部類ではありません。

ですが拡張する事を前提で考えると拡張バッテリーのB230B300AC200MAX本体の約半分の大きさ2倍(B230で拡張時)〜2.5倍(B300で拡張時)の容量にアップできます。

さらに拡張バッテリーを2台にすれば、AC200MAX約2台分の大きさで、3倍(B230 x2台で拡張時)〜4倍(B300 x2台で拡張時)の容量にアップできます。

 

アプリ

Bluetoothで接続し、簡単にセットアップでき、バッテリーの状態を確認&監視します。

ミッつぁん
充電中の状態はもちろん、AC出力・DC出力をそれぞれ個別でどれぐらいの使用量などかをスマホで把握できるので、いちいち本体の液晶画面を確認しに行かなくていいので楽ちんです。

ユーザー&製品登録もできるので、アプリからアフターサービス申請(修理依頼)などもできるようです。これは簡単でいいですね。

 

実際に使用してみて


自宅で電子レンジと電気ポットを同時に使用してみました。
電子レンジは600Wでコップに入れた水を温め、
電気ポットで湯沸かししてみました。


同時使用時は1600Wを超えておりますが、安定して電子レンジ・電気ポット共に稼働してました。

 


夏場のキャンプでもこれだけの容量があれば、2〜3日ぐらいなら扇風機などもガンガンに回せます。


Bluetti SP200 ソーラーパネル200W を使えば天気が良ければ充電もできますしね。
この容量をこのソーラーパネル1組だとかなり時間はかかりますが、ソーラーパネルを連結すれば10Vから145Vの電圧範囲に対応しており、最大900Wまで可能です。

メモ

SP200MAX(2048Wh)をソーラーパネルでフル充電しようすると?

SP200ソーラーパネル:1枚で 約14時間

SP200ソーラーパネル:2枚で 約7時間

SP200ソーラーパネル:3枚で 約5時間

こちらもCHECK

BLUETTI ブルーティ SP200 ソーラーパネル 200Wをレビュー。 折りたたみ式で高出力でおすすめ。

  ここ数年でのポータブル電源の機能向上と普及は目を見張るものがあります。 アウトドアブーム・災害時の電源確保としても人気ですよね。 そんなバッテリー(蓄電池)側ももちろんですが、 電気を生 ...

続きを見る

 

まとめ

同時に複数の入力ポートから充電も可能で充電方法を多数あり、出力ポートAC・DC出力を含め、ほとんどの電化製品に対応可能可能です。

ミッつぁん
性能的にはトップクラスで申し分ないです。

ン酸鉄リチウムイオンバッテリーはコンパクトさは望めないようですが、

ミッつぁん
安全&サイクル3500回以上の長寿命なのがなんといっても惹かれます。

AC200MAXは決して軽量&コンパクトな部類のポータブル電源ではありませんが、拡張機能が充実してますので容量アップをする可能性がある方には大変お勧めできるポータブル電源だと思いました。

1泊程度のキャンプでは正直この大きさのポータブル電源は必要ない気がしますので、私なりにこのAC200MAXをお勧めできる使い方をまとめてみます。

こんな方におすすめ

  • キャンピングカーなどの車中泊で電化製品メインでキャンプされる方
  • 仕事でイベントなどの野外などで出店する機会がある方
  • 電動工具などを電源の無い野外で長時間使いたい方
  • 防災備蓄のもしもの時のポータブル電源として
  • 毎日ポータブル電源を使用される方

 

価格に関して

お値段に関しても定価は税込 249,880円です。(2022年7月現在)

ですが、頻繁にセールやクーポンなども配布されてるので、50,000円OFFの199,880円で買えるタイミングが多々あると思われます。

そう考えますと、

調べてもらうとわかりますが、

2048Whの大容量のリン酸鉄リチウムイオンバッテリーのポータブル電源がこの199,880円で買えるなら非常にお得だと思われます。

 

いかがだったでしょうか?

ミッつぁん
Bluettiのポータブル電源はAC200MAXはもちろん他のポータブル電源もコスパが良く、安全&長寿命で個人的には大変お勧めできるポータブル電源です。

この記事がポータブル電源選びの参考になれば幸いです!!

ミッつぁん
今回も最後まで読んで頂きありがとうございました。

こちらもCHECK

BLUETTI EB70 長寿命&安全 ポータブル電源を選ぶならLiFeP04(リン酸鉄リチウム)バッテリー搭載を!

  キャンプを含めた、アウトドアブーム。 天候による災害が頻繁に起こる今日この頃。 備えあれば憂無しと言いますが、 一家に1台の時代になりつつあるポータブル電源。 決して安い買い物ではないの ...

続きを見る

こちらもCHECK

[2022年版]ポータブル電源おすすめはこれだ! 厳選6ブランド42製品。迷ったらこの中から選べば間違いなし。

  近年のポータブル電源市場もアウトドアブームや 災害時での需要などで活発になってきており、 色々なメーカーから販売されるようになってきました。そうなると ミッつぁん どれがいいのか?迷うこ ...

続きを見る

 

 

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-BLUETTI, ポータブル電源