SOUYU STICK SUP

家族でSUP始めます。漕遊 SOUYU STICK SKY WALK 10'6" 2020NEWモデルを購入レビュー。オシャレ&かっこいいデザインで一目ぼれ。

2020年6月20日

 

去年2019年夏に家族4人でSUPを体験しまして、

SUP体験
じゃのひれオートキャンプ場でキャンプのついでにSUP体験。めちゃ充実したキャンプになりました。

  2019年7月28~29日にかけて行ってきました。 淡路じゃのひれオートキャンプ場 天気は台風と前線の影響で雨が降ったりやんだり、 風がなかなか強くて、天気予報では風速5~8mと強めの予 ...

続きを見る

みっつぁん
かな~り楽しかったので

今年は本格的にSUP(STAND UP PADDLE BOAT)をCAMPと共に始めようと決めてました。

デザインで一目ぼれしたこれを購入しました。
みっつぁん

スポンサーリンク

【SOUYU STICK】 SKY WALK 10'6"


SOUYU STICK(ソーユスティック)のベーシックモデルに当たる
SKY WALK 10,6フィート 2020年モデル

【SKY WALK10’6”】


長さ:3190mm 浮力:約235L
幅:780mm    重さ:約9kg
厚み:120mm     制限体重:120kg

男性女性問わずビギナーからエキスパートまで気軽に乗れて楽しいSUP。
制限体重120kgまであるので、大柄の男性でも大丈夫。
子供と一緒に、又はカップルで乗る事も可能な安定モデルです。
2020年モデルからライトレイヤーになり前年モデル比約1kgの軽量になっています。

カラーは4色からえらべて

OLIVE, MUSTARD, BURGUNDY, DARKSKY,

 

 

SOUYU STICKとは?

SUP(スタンドアップパドルボード)のドメスティックブランド(国内ブランド)

【CONSEPT】
SOUYU STICK.は、SUP(スタンドアップパドルボード)というスポーツの境界線やカテゴライズから飛び出し・・・まさにアウトドアで楽しんで遊ぶためのギアです。一昔前のアウトドアでの遊びというと山の頂上を目指す・・・登山というイメージでしたが、昨今ではみなさんのライフスタイルに身近なものになっています。キャンプやトレッキング、 サーフィンやスノーボード、スキー、スケートボード、カヤック、ラフティング、BMXや MTB、そしてSUPなど・・・すべてがアウトドアで楽しむスポーツですが、それらすべてに共通したマインドがあり、楽しみ方や遊び方は自由で、それに対する気持ちや達成感、幸福感は基本的に同じです。SOUYU STICK.のコンセプトはまさにそれです。ただひたすら漕ぐなんてナンセンス。アウトドアでの遊びの中にSOUYU STICK.を取り入れてください。そして、自分自身のアイデアを盛り込んで自由に遊んでください。手にした後、どんな風に使いこなすか、遊ぶのか・・・それはあなた次第です。冒険はあなたのすぐそばにあります。一歩自宅から出れば移動距離が近くても遠くてもそこから旅がはじまります。SOUYU STICK.と一緒に、あなたのアイデアが詰まった冒険に出かけましょう!

引用:SOUYU STICK

オシャレなデザインでここ数年で非常に人気が出ているSUPです。

 

商品内容を紹介


基本のAパッケージ内容は

  • ボード本体
  • トラベルバッグ
  • ベーシックパドル(3分割)
  • フィン3枚(センターフィンx1・サイドフィンx2)
  • リィーシュコード
  • リペアキット
  • 手動ポンプ(HP3ポンプ)

電動ポンプ(販売店によっては特典として付いてるようです)

ボード本体


畳んであるのは簡単に広げる事が出来ます。
前後に計2か所も荷物などを固定できるDリングとドローコードが付いています。
グリップもフロント側とバック側とミドルに計3か所も付いています。


オリーブカラーを選んだのでボトムがこんな感じですね。

 

GRIフィン


センターフィンx1とサイドフィンx2の3個セットです。


3つとも本体に差し込んだ後に、ピンを押して止める形です。

 

ベーシックパドル


3分割できるアルミ製のパドルです。


長さを調節して上記のストッパーで簡単に固定できます。

3分割中の上部2つの棒の中には浮力材(発砲スチロール的な物)
入ってるので水上に落としても浮くようになっています。

 

 

トラベルバッグ


なかなかしっかり出来ています。


ショルダーベルトももちろん。
胸元と腰にもベルトが付いてるので
しっかりと固定して担ぐことが出来ます。


一番の特徴といえばこのウィールが付いているので、
平坦な道なら転がして持ち運べるのは便利です。

 

手動ポンプ(HP3ポンプ)


細かく分解&組み立てが出来るので、かさばりがちなポンプも
トラベルバッグに一緒に入れる時もすっきり収納できます。


組み立てるとこんな感じ。


上部についている気圧計


この手動ポンプはいわゆるダブルポンプというやつで、
早く空気を入れれるように
押しても引いても空気が入る仕組みなんです。
押すのは体重を乗せて押せば入れやすいのですが、
引くのもかなりの力がいるので
ある程度入ってくるとより重たくなるので、このボタンでシングルモードに変えて
押す時だけ空気が入るように切り替えできるんです。

 

リーシュコード


いたってシンプルなコイルリーシュってやつです。
伸び縮みしやすいので、取り回しがよく絡まりにくいようです。
長さは10フィート(約3メートル)です。

 

 

リペアキット


補修用パッチが2枚とレンチと接着剤が入っています。

 

電動ポンプ

上記の基本セットに販売ショップによってはこの電動ポンプが付いてる感じです。

この電動ポンプは20PSI(気圧)まで入れられます。
シガーソケットオンリータイプなので車のシガーソケットから電源を取るか


シガーソケットジャックがついてるポータブル電源を使うかですかね。

みっつぁん
では実際に空気を手動とポンプとで入れてみたいと思います!

 

空気入れ比較


バルブキャップを外し


コックが押し込まれていない状態(閉まってる状態)になってるのを確認します。

注意ポイント

コックは押すごとに開閉が切り替わります。
押し込んだ状態(コックが開いた状態)でポンプを差し込み空気を入れると、
ポンプを外した時にせっかく入れた空気が勢いよく出てしまいます。

 

手動ポンプで挑戦


実際に手動ポンプで挑戦してみました。

結果、

なかなかの重労働と聞いてましたが、かなりの腕の筋肉に乳酸が溜まります(;^ω^)

押すときは体重を掛けてまだ楽なのですが、ダブルポンプの上に引っ張る時にかなり負荷が掛かります。

引っ張るのが辛くなってきたら、ボタンでシングルに変えてやりました。

途中から妻も試しで加わり、筋トレと思ってがんばりましたよ('◇')ゞ

みっつぁん
必死に続けてやって6分ぐらいで12PSI(気圧)まで到達しました。
疲れますが、以外に早く膨らむものだと思いました
みっつぁん

 

電動ポンプで


シガーソケットに差し込むと、電源が付きましてPSI(気圧)を設定して、
電源ボタンを押すと空気を注入開始します。
このSUPは12PSIまで入れます。

タイヤの空気入れなどで使った事ある方もおられると思いますが、

ココに注意

電動ポンプはすごく大きな音が出ますので、
ふくらませる場所や時間などには配慮しないといけませんね。

みっつぁん
やはりラクチンでした!!
みっつぁん
12PSI(気圧)到達まで8分ほどかかりました。

ある程度膨らんでくると


こんな感じでPSI値が上昇していきます。
で、12PSIに到達したら急にピタっと動作を停止します。

 

重量について


電動ポンプ以外をトラベルバッグに入れて
体重計で測ったところ。

みっつぁん
14.15㎏でした。

ボード本体(膨らます前)だけの重量は

みっつぁん
8.15kgでした。

多分ですが、これにフィン3枚を取り付けると公表スペックの9kgに近くなるのかと。

それにしてもこの軽さも魅力の一つですね。
みっつぁん

 

 

 

まとめ

SOUYU STICK SKY WALK 10”6’」 は決して安い部類のSUPではありませんが、

機能性は十分なのはもちろん、やはりこのデザインが人気の秘密だと思うので

僕は去年からずっとこれを来年は買おう!と心に決めていました。

しかも今年はライトレイヤー(本体素材部分)が採用されたことにより、
前年モデルよりも約1kg軽くなってるので待ったかいがありました。

みっつぁん
子供たちとこのSUPで遊ぶのが楽しみで仕方りません。

実際に水上で使用してみましたらまたレビューしてみたいと思います。

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

ちなみに、4人家族(子供2人)だとSUP1本では一度に遊べないので
もう一本別メーカーのゲットしちゃってます。
そちらも後ほどブログにアップしますので、興味なる方はよろしくお願い致します。

 

 

 

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-SOUYU STICK, SUP
-, , ,

© 2020 MNKK CAMP n' Roll