SOUNDPEATS Capsule3 Pro+ ワイヤレスイヤホン 使用レビュー 初採用MEMSドライバーはいかに?

SALE情報

お得情報があればこちらでお知らせ致します。

 

今回もSOUNDPEATS様よりこちらの「SOUNDPEATS Capsule3 Pro+」 ワイヤレスイヤホンのレビューを使わせて頂ける機会を頂きましたのでレビューしたいと思います。

私はぶっちゃけ音響専門とかでもないですが、いち音楽(ROCKなどの激し目)好きとしてこちらのワイヤレスイヤホンの使用レビューをしたいと思います。

ご提供品

この記事はSOUNDPEATS様より商品提供頂き作成しております。

以前にもSOUND PEATS様の「SOUNDPEATS Air4 Pro」の使用レビューも書かせて頂いております。

もちろんAir4 ProはAirシリーズであり、搭載チップにしても違うものなので一概には言えませんが

比べても製品の性能の音質アップを体験できる上位機種のワイヤレスイヤホンとなっております。

ミッつぁん

それでは画像を交えて紹介していきますね。

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

パッケージはこんな感じです。

商品SPEC&詳細

製品名Capsule3 Pro3+
タイプワイヤレス
形式カナル型
本体操作タッチ
ドライバー方式MEMSドライバー「Cowell」、12mmダイナミックドライバー
再生周波数帯域20Hz—40KHz
対応コーデックAAC、SBC、LDAC
BluetoothチップWQ7034AX
BluetoothバージョンBluetooth5.3
BluetoothプロファイルHSP、HFP 、A2DP、AVRCP
最大持続時間(単体)※60%音量6.5時間
最大持続時間(本体)※60%音量43時間
重量 (単体)5g
重量 (本体)48g
サイズ (単体)33.57×21.53×25.61mm
サイズ (本体)50.07×67.31×25.9mm
充電時間 (単体)1.5時間
充電時間 (本体)2時間
充電コネクタUSB Type-C
内蔵マイク片側3基
Adaptive ANC対応(最大-45dB低減)
通話用(ENC)ノイズキャンセリング対応
マルチポイント対応
風ノイズ低減対応
ゲームモード対応(70ms 低遅延)
防水性能IPX4
専用アプリ「PeatsAudio」対応Google Play「PeatsAudio」は→こちら
App Store「PeatsAudio」は→こちら
受賞実績VGP 2024 SUMMER 金賞
VGP 2024 SUMMER コスパ大賞
通常価格13880円
発売日2024年7月11日

付属品

・イヤピースがS/M/Lの3種類。すでにMサイズが取り付けられてる状態でパッケージされています。
・TYPE-C充電ケーブル
・取扱説明書

音質

ひとまずはこちらのCapsule3 Pro+と他のワイヤレスイヤホンの音比較をお聞きください。

個人的には分かりやすい音の違い表現比較かと思います。

やはり高音がクリアな音で安っぽいシャリシャリ感が少なく、全体的には音の厚みと奥行きなど空間表現がよく聴き取れるかなと思います。
比べて聴けるとよく分かりますよね。

MEMSドライバー & 12mmダイナミックドライバー

MEMSドライバーと12mmダイナミックドライバーを組み合わせたハイブリッド構成を採用。
xMEMS製「Cowell」MEMSドライバーが高音域を駆動、シリコン振動板の硬さと軽さを活かして高域の再生周波数帯域を広げ、音の歪みを抑えます。低音域には12mm径バイオセルロース製ダイナミックドライバーを使用、振幅の大きさを生かした躍動感と迫力があるサウンドを実現します。

シリコンウエハーから切り出したシリコン振動板に電圧をかけることで発音させる圧電(ピエゾ)方式のスピーカードライバー
特に高域の再生周波数帯域が広く、歪みが少ない点に特長があります。

ミッつぁん

高音域用と中低音域とドライバーが分かれているハイブリットって感じですね。
これによって広域はMEMSでクリアで通った音を再現して、中低音域は12ミリのダイナミックドライバーで音圧と音の厚みを体感できるって感じですね。

XAA-2000 Aptosパワーアンプチップ

最先端のパワーアンプチップ「XAA-2000 Aptos」が、MEMS ドライバーの可能性を引き出します。高効率・低歪み・高出力でMEMSドライバーの性能を最 大限に発揮、低消費電力でありながら快適かつ高品質なサウンドを実現します。

Adaptive ANC

アクティブノイズキャンセリングには左右2つずつのマイクを使用し、ノイズを効果的に拾います。最大1.8kHzまでの広帯域ノイズにも対応し、最大45dBのノイズ低減効果を実現しました。周囲の雑音や装着状態、耳の形状に応じてノイズキャンセリング効果を自動調整し、騒音をカットしながら長時間の快適な使用を保証します。※ANCをオンにすると音楽が再開するまで約2秒かかります。

最大音量から半分ぐらいの音量設定で聴いている場合、ANCをONにすると喫茶店などでの隣の席の会話などが微かに聞こえるくらいになります。
集中してパソコン仕事や動画鑑賞には十分効果的かと思います。

43時間の音楽再生が可能

イヤホン単体約6.5時間(ANCとAAC有効時約5時間)、ケースと併用すれば最大43時間というパワフルなバッテリーを搭載しました。オンラインミーティングや旅行先など、長時間の使用でも充電残量が気になりません。

僕はこちらを使うまでは「SOUDPEATS Air4 Pro」を使っていたのですが、単体で6.5時間 、ケース併用で最大26時間のバッテリーの持ちだったので、
1泊以上の旅行や長時間イヤホンを使う予定の時などは少し心許ないバッテリーでした。

ミッつぁん

ケース併用で最大43時間なので2泊程度の旅行や出張でも充電する事なく使えるのは嬉しいですね。

SOUNDPEATS Air4 Proとの比較

ミッつぁん

同じくSOUNDPEATS製品の「Air4 Pro」も持っていますので簡単に比較をしたいと思います。

音質について

Air4 Proもバランスの取れた良いワイヤレスイヤホンではあるのですが、
やはり「Capsule3 Pro+」のMEMSドライバーと12mmダイナミックドライバーが作り出す音は高音のクリアさと広がりはよく、中低音と相まって広がりと奥行きを感れるワイヤレスイヤホンになっています。
聴き比べれば断然「SOUNDPEATS Capsule3 Pro+」が一段上の音を楽しませてくれるワイヤレスイヤホンです。

「SOUNDPEATS Capsule3 Pro+」の音を楽しむ為には専用アプリ「PeatsAudio」が必須です。

フィット感について


基本的な形は同じなのですが、表面の質感がちょっと違いまして、「SOUNDPEATS Air4 Pro」が光沢があるツルッとした感じに対し、
「SOUNDPEATS Capsule3 Pro+」はマッドでサラッとした感じです。
Air4 Proをずっと使ってた時に、ジムなどで運動しながら使用してると汗で滑って耳のフィット感が損なわれる事が多かったのですが、
Capsule3 Pro+はマッドな仕上げでツルツルしてないお陰なのか滑る感じが少しマシでフィット感も損なわれ難く、運動時にも快適です。

バッテリーについて


画像を見てもらったらわかるかと思いますが、「SOUDPEATS Capsule3 Pro+」のケースの大きさが若干大きいです。
このおかげで、「SOUDPEATS Air4 Pro」の、単体で6.5時間 、ケース併用で最大26時間 よりも
単体で6.5時間 、ケース併用で最大43時間のバッテリーの持ちと7時間ほど伸びているのは嬉しいですよね。

ミッつぁん

比較してみると音質の向上が一番ですが、バッテリーの持ちやフィット感もちょっとした事ですがより良い製品となっております。

2024年7月11日(水)0時より販売開始

SOUNDPEATS Capsule3 Pro+は、2024年7月11日(水)0時より販売開始となります。

販売開始を記念して、Amazonクーポンコードを発行されております!!

発売記念特別セール

ミッつぁん

amazon販売でクーポンコードを使うと最終価格は10,404円でご購入いただけます。

クーポンコード: CP3PLPRM10

対象商品:SOUNDPEATS Capsule3 Pro+

開始日: 2024年7月11日(木)0時

終了日: 2024年7月17日(水)23時59分

割引:約25%OFF

本クーポンコードと、Amazon商品ページ掲載のクーポンを併用すると、約25%OFFとなります。

発売記念クーポン適用価格10,404円

発売価格:13,880円

amazon販売サイトはこちら

最後に

ワイヤレスイヤホンはもう数え切れないほど出ておりますが、
「SOUNDPEATS Capsule3 Pro+」の音に関しては必聴の価値アリだと個人的には思っております。

1万円ほどの予算で、ワイヤレスイヤホンをどれにしようか悩んでる方、今使ってるモノよりいい音の物を新調しようと思われてる方。

選択肢の一つに「SOUNDPEATS Capsule3 Pro+」を購入リストに入れて見る価値は大いにありだと思いますよ。

ミッつぁん

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-雑記レビュー