キャンプいこうぜ!自然と戯れよう!

MNKK CAMP n' Roll

Campギア ギア選び

フィールドラックはユニフレーム!?キャンピングムーンがコスパ最高!強めにオススメします!!

投稿日:2018年12月22日 更新日:

スポンサーリンク

ユニフレームとキャンピングムーン フィールドラック比較

まず最初は大きさ比較です。

キャンピングムーンのほうが若干1センチ弱ほど幅は大きいでしょうか。
高さも違います。


実測の高さ比較
ユニフレーム   : 約22cm
キャンピングムーン: 約24cm

 

次は厚み比較です。


フレーム自体の厚み
ユニフレーム   : 約10mm
キャンピングムーン: 約15mm


折り畳んだ脚を入れてまでの厚み比較
ユニフレーム   : 約20mm
キャンピングムーン: 約25mm

フィールドラック単体の重さ
ユニフレーム   : 約1.7㎏
キャンピングムーン: 約2.3㎏

 

厚みを比較してみて

薄さ&軽さはユニフレームに軍配でしょうか。
ただ、重い分キャンピングムーンの方が若干ですがしっかりした感はあります。
これに関してはユーザーがどちらを取るかでしょうかね。

 

質感(塗装)の違いは?

質感(塗装)はユニフレーム製つるっとした光沢ブラック塗装。
キャンピングムーン製ザラっとしたマットなブラック塗装ですね。
かといってもちろん引っ掛かるような感じではなく手触りはサラッとしています。
私、個人的にはこのザラッとした塗装の方が好きです。

 

スタッキング時の比較


左がユニフレーム製を積み重ねたところ。
右がキャンピングムーン製。


安定感のあるキャンピングムーン製を下にして
ユニフレーム製を重ねるといい感じになります。


下段2つをキャンピングムーン製。
上段2つをユニフレーム製。

 

スタッキングしてみて

キャンピングムーン製のフィールドラックを下にして
使うようにすれば混同しても安定して問題なく使えます。

 

 

キャンピングムーンの竹製天板をユニフレームのラックに 流用できるか?


できます!
ただ、天板も厚みがある分、5mm程フレームから高くなる感じになります。

 

 

組み立てやすさ&安定感比較


キャンピングムーンの脚部分を固定するパーツはこんな感じです。

ユニフレームのフィールドラックの脚固定部分は
新しいロットから製品仕様が変わったようで、
足を固定する爪部分が2つから1つになったようです。
コメントにある通り、安定感もいまいちの用ですね。

 

総合的に見てのレビュー

私個人の意見から言うと、ラック1つの単体だけではなく
複数使う予定で、重さや厚みは気にならないのであれば

キャンピングムーンのフィールドラック強くおすすめできます!!

もちろんユニフレーム製もいい物には違いありません。

が、コストパフォーマンスや収納バッグなども総合的に見て私ならこっちを選びます。

ただ一つキャンピングムーンのフィールドラックで気づいた事があります。

脚を折り畳んだ時にユニフレーム製は脚がぶらんぶらん開いたり閉じたりせずに
ピッタリ畳まれた状態をキープしてくれますが、
キャンピングムーン製はぶらんぶらんしちゃいます。
なのでバッグに収納する時など足が開いて
収納し辛かったりする事があるかもですね。
これが唯一の欠点かもしれません。

フィールドラックを購入検討して方々の参考になれば幸いです。

最後まで読んで頂き
ありがとうございます<(_ _)>

↓クリックして頂けるとブログの励みになりますのでよろしくお願いします!!


オートキャンプランキング

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

patagonia

パタゴニア

-Campギア, ギア選び
-, , ,

Copyright© MNKK CAMP n' Roll , 2019 All Rights Reserved.