車関連

ゴルフ トゥーランにドライブレコーダーをヒューズボックス配線で自分で取り付けてみました。

2019年12月18日

 

今更ですが、

昨今の巷でのあおり運転やドライブ中のトラブル対応の為に

安く上げるために自分自身で

ドライブレコーダーの取り付け

やってみました。

トゥーラン(VWゴルフ系)に乗られてる方のドラレコ取り付けの参考になればと。

 

まずは、

必要なモノ(あった方がいいもの)

  • ドライブレコーダー
  • 電源ソケット(ヒューズ電源)
  • パネルはがし
  • ヘックスローブ又はトルクス(星形)レンチ

 

まずは、ドライブレコーダーですが
現在はすごい種類&値段もピンからキリまでのドラレコが販売されてますので
正直どれがいいのか正直判断しかねました。
とりあえず、あんまり高くなくて1万円以内で、
そこそこ評価がいい物って感じで選びました。
で、私が選んだのはこれです。

higashi HDR-mini01

いたって可もなく不可もない普通のドラレコです。
アマゾンよりも楽天で販売実績があり、評価もまずまずだったので。
日本の会社みたいですし、製品自体の製造は中国ですが。


レコーダー本体の大きさは思った以上に小さかったです。

 


中身はカメラ本体、シガーソケットの電源コード、吸盤ホルダー、両面テープ用ホルダー、USBケーブル、説明書


ちなみに、16GBのmicroSDカードが本体に挿入済みで付いてました。

このレコーダー(カメラ)をシガーソケットに挿せば使えるのですが、
せっかくなのでヒューズボックスから電源を取って見た目もすっきりさせてみようかという話です。

で、必要になるのが

ヒューズ電源ソケット

シガーソケットをこれにつなげて車のヒューズボックスから電源を取るって形です。
ちなみに接続端子の大きさも3種類入っています。
トゥーランでは一番大きい平形ヒューズ端子(画像右上)を使いました。

パネルはがし

無くてもできないことはないですが、
あった方がパネルはがしと配線を隙間に押し込むのに使えるので便利です。

 

長くなりそうなんで作業工程は次のページでご紹介します。

次のページへ >

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-車関連

© 2020 MNKK CAMP n' Roll