ASTRO 車関連

シボレーアストロ 2000y LS AWD 。納車後のトラブルも色々ありましたが、僕の新しい相棒を紹介します。

 

僕のインスタを見てくれてる方はご存じだとは思いますが、

昔から一度は乗ってみたい憧れであったアメ車。

ミッつぁん
アメ車の中でも僕はこれに乗りたかったんです。

CHEVROLET ASTRO シボレー アストロ


中古車を買ったそのままの画像です。
バンパー・サイドモール類がシルバー?カラーと
ボディーがホワイトのツートンカラーです。


リアハッチは「ダッチドア」という3面開きのドアになってます。

ASTROについて

このASTROについて

私のアストロは2000年式 LS AWD ヤナセディーラー車両

2代目(最終)のシボレーアストロ(1995〜2005)
現在はアストロは製造終了してます。
ヤナセがアストロを正規輸入販売していたので、
販売終了から20年近く経った今でもディーラ車だと程度のいい車体が国内に流通している。

グレード:LS(2列目がベンチシートタイプ)

駆動:AWD/オールホイールドライブ。いわゆる4WD。
(99年式からトルクスプリットタイプの4WDになり、普段はRWDで、路面の状況に応じて4WD走行に自動的に切り替わる。)

 

僕が思っていたアストロ中古車を探す条件

ミッつぁん
僕がアストロを探す上で考えていたこと。

アストロ中古車の条件

  • ヤナセディーラー車両
  • 低走行車8万キロ以内
  • 車体カラーはホワイト系でナローボディ
    (サイドモールなどがついてないものを希望)
  • グレード・LS(2列目がリクライニング付きのベンチシート)
    LTというグレードは2列目がキャプテンシートタイプで乗車2人。
  • AWD(4WD)
    せっかくキャンプやアウトドアで使うので
  • ロールーフ
    商業VAN風に乗りたかったので
  • できれば8ナンバーか1ナンバー登録可能車
  • フロントフェイスがカーゴグリル
    後からカスタムでもいいとも考えていました。

こんな感じでしょうか。

 

知り合いの車屋さんにも1年ほど探してもらってたのですが、
アウトドアやVAN LIFE人気でアストロに限らず、
シェビーなどのアメ車系VAN車両が人気で
軒並み価格が高騰してるのと、なかなか条件に合う
いい車体が販売に出てきませんでした。

そんな時、何気なく中古車情報サイトで見ていると。

  • 走行距離6万キロ弱
  • グレードLS(リクライニング付きのベンチシート)
  • AWD(4WD)
  • ヤナセが限定で販売していたフォレシエスタ
    という簡易のベットキットとシンクの付いたキャンピング8ナンバー登録車両

    現在ではキャンピング車両基準も厳しくなり、この簡易な装備では取得は無理。新車時からの継続なので8ナンバーでOKなんです。

購入決定

僕が思っていた条件からしたら80%程度は当てはまる車両。
これが車検なし整備なし状態ですが、

ミッつぁん
本体価格70万(税別)で出ておりまして

車検取得・手続き・陸送なんかの費用を入れると100万ちょっと。

現物は販売店が関東で、(私が住んでる関西)遠いため写真でしか確認できないのが不安でしたが、

すぐにアストロを探してもらってる知り合いの車屋さんに相談したところ。

この走行距離でこの価格なら今の相場考えると安いですよ!!

と言っていただけまして。

海外で走ってた輸入車両だと酷い環境で酷使されてたりしてるものも多いらしく、
外見は綺麗でも中身がやばい車両がゴロゴロあるらしいのですが、

ヤナセディーラー物なら日本国内でしか走ってないので、
しかもこの車両はたったの6万キロ弱。
消耗品さえ交換してメンテナンスすれば十分程度はいいだろうとの事。

なので、

ミッつぁん
この車両を現物見ずに購入する決断に至りました。

ですが・・・・

買う前から気づいてはいたのですが、

ミッつぁん
この中古車販売店の評判はあんまり良くないようで

担当者の電話対応などは良かったのでまー大丈夫かなと。

ミッつぁん
この後、色々と面倒なことに巻き込まれる羽目に

この話は後半で。

次のページはほぼ日記状態の長文になってますが、
現物を見ずに評判が良くないショプから古めの中古車を買い、
運が悪いとこんな事になりますよって話です。

次のページへ >

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-ASTRO, 車関連