Campギア WAQ 寝具

高評価な【WAQ キャンプマット】おすすめインフレータブルマットなのか?レビューしてみました。

 

 

スポンサーリンク

 

WAQの商品は前回コットを購入してかなり良かったので

WAQコット
おすすめ!コスパ最強コット出現!WAQ 2way フォールディング コットは、Helinox コットワンのコスパ最強版!!

  WAQさんから発売の新商品のコットを紹介したいと思います。 WAQとは? WAQ「ワック」2017年に設立された日本国内の新しいアウトドアブランド。 大阪に本社があるようです。僕も関西な ...

続きを見る

amazonや楽天市場で高評価なレビューが多い

WAQ キャンプマット

みっつぁん
購入したのでレビューしてみたいと思います。


画像は自動膨張させて2つ連結した「WAQ インフレータブル キャンプマット

商品詳細

【サイズ】
展開時 : 縦190cm 幅 65cm 厚み8cm
2枚連結時:縦190cm 幅130cm /
収納時 : (約) 縦66cm 幅20cm

【素材】
表地:75Dポリエステル
裏地:75Dポリエステル 滑り止め加工
クッション材: ウレタンフォーム 特殊加工
バルブ : ABS樹脂

【重量】
約2.5kg

【付属品】
収納ケース × 1個
補修テープ × 2個
ゴムバンド × 2個

引用:WAQ

 

画像で細部を紹介

収納バッグ


収納バッグはマットを入れる時に楽なゆったり目のサイズ。
ストラップも付いてるので肩掛けもできます。

 


中から出すと、空気が抜かれたマットがロールされて、ゴムバンドで止められて入っています。
穴が開いた時の為の修理テープも2枚付いてます。

 

本体部分


広げてみると「ペッタンコ」って言葉がピタリな感じですね。

 


裏側はグレーで滑り止めがドットで付いています。

 


横幅の実寸は表記通り約65cm
実際に寝転んで気持ちいい部分である、
ウレタンフォーム部分は膨張前57cm → 膨張後60cmぐらいになりました。


縦幅は実測では膨張前186cm → 膨張後190cmほど。
膨らめば190cmになりました。
ウレタンフォーム部分は膨張前は約182cm → 膨張後188cmぐらいになりました。

実際に寝転がってクッションになる部分は

みっつぁん
実質は縦188cm x 横60cmといったところですね。


厚みは膨張前は1cmちょっとってぐらいでした。

 

特大バルブ


このキャンプマットの特徴の一つが

みっつぁん
大きめのバルブが2つ付いてる事。

これによって空気の出し入れが格段に早いこと!

 

 

自動膨張具合


特大バルブを2つ開ければ、「シュ~!]という音とともに

みっつぁん
わずか3~4分ほどで自動膨張しちゃいます!!!

 


御覧の通り他にもインフレータブルマットを使ってるのですが
バルブが1つのマットばかりで
特大バルブが2つあるとこんなに早く膨張することにちょっと驚きました。

 

自動膨張でどれぐらい膨らむのか測ってみました。


自動膨張では約7~7,5cmぐらいまでは勝手に膨らんでくれました。


その後、こういった空気を入れれたり抜いたりできる送風機を使って入れてみると


8cmまで膨らんでくれました。

気温にもよると思いますが、
夏場などの日が当たるようなところに置いておけばパンパンの8cmまで勝手に膨れてくれそうです。
逆に冬場などの気温が低いと自動膨張が思ったよりも膨らまないかもですね。

 

肝心の寝心地は?

身長:168cm

みっつぁん
さすが8cmは伊達ではありません!!フワッフワです。

 


真ん中あたりの一点で踏んでみると、
このように空気が偏って浮きます。
浮き輪のようにこれだけ多くの空気が入っているという事が伺えます。

 


1万円ほどしたコールマンのインフレータブルマット(厚み6cm)と寝比べてみました。

寝比べた結果

  • どちらもいい感じ('◇')ゞ
  • コールマンの方はウレタンフォームが硬めなのでしっかり安定した寝心地
  • WAQの方は、空気がたくさん入ってるので浮き輪のようなフワフワ感が少し多め。でもしっかり空気が入っていれば腰が沈み込み過ぎることもなく、適度な反発があります。
  • 8cmの厚みの空気を含んでいると寒い時期の寝床も空気の層で底冷えが軽減できそうですね
  • どちらかというと少し柔らかめの寝心地ですが、8cmの厚みは気持ちいいですね。

 

 

 

収納(空気抜き)具合は?

インフレータブルマットのほとんどは空気を抜く場合は

膝を載せて体重をかけ、圧縮して空気を抜いては丸めるを繰り返します。

みっつぁん
バルブが1個で小さかったりすると家族分のマットの空気を抜くのもなかなかの労働です。

ですがこれは!

みっつぁん
早くて楽々~!!おおよそ1分ほどで空気を抜くことができます!

 


抜いた後に広げてみたら、
こんな感じでペラッペラになってるのでよく空気が抜けてますよね。

 

連結可能


連結用のボタンが左右にあるので、


複数枚つなげれば広い寝室が出来上がります。

ココに注意

繋げる事を前提する場合、ふくらます前にボタンを留めたほうがいいです。膨らんでからだとボタンが留めにくかったです(-_-;)

 

 

まとめ

結論から言うと

品質に関しては、安っぽくもないし、このタンカラーがオシャレさもあり、

みっつぁん
これで6,090円(税込)なかなかいいコストパフォーマンスだと思います。
買っても損はないと思います。
みっつぁん

インフレータブルマットはどうしても少しかさばりはします

睡眠が快適になると奥さんの機嫌もあがりますし、

キャンプ自体も良い印象が残るように思います。

もちろん車中泊にも使えますし、キャンプ以外の寝床としても十分使えると思います。

心配どころといえば、

穴が開いてしまうと空気が漏れてしまうのでピンなどの尖った物の取り扱いには注意しなければなりません。


製品自体の基本1年保証が付いてますし、LINEに登録すれば2年保証になるようです。

このあたりがWAQさんは日本メーカーなので信頼できるところだと思います。


以前ご紹介したWAQコットに載せて使ったりなんかしたら

WAQコット
おすすめ!コスパ最強コット出現!WAQ 2way フォールディング コットは、Helinox コットワンのコスパ最強版!!

  WAQさんから発売の新商品のコットを紹介したいと思います。 WAQとは? WAQ「ワック」2017年に設立された日本国内の新しいアウトドアブランド。 大阪に本社があるようです。僕も関西な ...

続きを見る

みっつぁん
贅沢な寝床になっちゃいますね~!

 

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-Campギア, WAQ, 寝具

© 2020 MNKK CAMP n' Roll