Campギア ライト関連

【FEUERHAND】フュアハンドランタン 使い方、パッキン交換、収納ケース、燃料について。スパークリングアイロン 恥ずかしながら初購入レビュー

 

購入したスパークリングアイロンを紹介

最近はみなさんも感じてらっしゃるとは思いますが、

キャンプブームがスゲーことになっておりまして。

ミッつぁん
フュアハンドランタンがなかなか買えない状況。

売ってたとしても定価より高かったり。。

ミッつぁん
ほんとは一番オーソドックスなジンクが欲しかったんですが、なかなか買えなくて。。。

結局、定価+送料ほどで購入できた

FEUERHAND ベイビースペシャル276 スパークリングアイロン

を買ったって訳なんです。


箱にはカラー見本がチョロっと。


中身は本体(紙包み)と説明書。

正規代理店版だと説明書がしっかり書いてあって、これ見れば使い方などもよくわかると思います。

 


こっちが正面側かな。


タンクのキャップなどがある側は裏側でしょうか。

あ、すいません。ちょっとカッコよく写真を撮ろうと思って、暗すぎますね。


 スパークリングアイロン」の実際に見たカラーはこんな感じですので。

 

取り扱い方法

ホヤガラス外し方


キャリングハンドルを握ってトップリング(中指を掛けてる部分)を引き上げると


ホヤガラスが倒れこみ、ガラスサポートから外すことができます。

 

バーナーセット外し方


これがバーナーセットと言われる部分です。

 


火力調節ハンドルをスライドさせて、本体とロックしてる爪を外せば上に外れます。

 

ウィック(芯)交換方法


ウィック(芯)は下から差し込み、ハンドルを回していけば出てくる仕組みです。

 

ウイック(芯)カット


ウィック(芯)は新品だと広がりすぎてるので、

 


このように山形にカットして、火が付く先の範囲を狭めておきます。

 

燃料投入


僕はフジカハイペット(石油ストーブ)を使ってるので
フュアハンドランタンにも灯油を燃料として使いたいと思います。

注意点

ウィックが新しい場合は、燃料(灯油)を吸い上げるまで10分程、待ってから点火した方がいいようです。
数分でウイックの先まで染みてましたが、吸い上げが甘いと、ウィック(芯)の先がが黒く焦げてしまうそうです。

 

他に使える燃料

ご存じの方も多いと思いますが、その他に燃料として
パラフィンオイルなどが使えます。

値段は灯油に比べると高くなりますが、嫌な臭いもしないですし、
煙やススも少なく、防虫ハーブ入りなどもあります。

ミッつぁん
決して、ホワイトガソリンや車用ガソリンなどは使わないように!

 

点火方法


赤矢印のシリンダーハンドルを白マルの窪みまで押し下げ


引っ掛けると、ガラスホヤが上がった状態でロックされます。


その隙間から、火を付けます。
点火した時点で、灯油の場合、黒煙がすこし立ちあがりますが、
その後、シリンダーハンドルを元に戻してホヤを被せ、
火力調整ハンドルで、ウイック(芯)の出てる量を少なく絞っていけば、
黒煙が上がらなくなります。

ミッつぁん
光量の基準は黒煙がギリギリ出ないウィックを出せる最大のところが最大火力って事になります。

 


どうですか!?雨のお昼間にダイニングテーブルで灯してみましたが

ミッつぁん
ムード満点!!
ミッつぁん
正直言うと、決して明るくはないです。

だって、5ワットほどの明るさだそうなので。

でも、それを期待して買ったわけではないので、
やっぱり雰囲気が格段にアップしますよね。
炎をガラスホヤ越しに、揺らめく炎と影に見とれるだけで・・・

ミッつぁん
そう、これが癒しなんですよね。

 

ミッつぁん
次のページでは、キャップのパッキンの交換、収納ケース選びなどをご紹介しております。

次のページへ >

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-Campギア, ライト関連

© 2021 MNKK CAMP n' Roll