ネイチャートーンズ クリンギングハンガー。ポールやちょっとしたところに挟めるのがおすすめ。

SALE情報

★ EcoFlow ポータブル電源 秋SALE 最大30%OFF!!
9月29日(木)〜10月12日(水)まで!!



★Jackery ポータブル電源 最大20%OFF 9月特別SALE!!
9月6日(火) 〜 9月30日(金) まで

 

 

ランタンハンガー。

少し前までは、アイアンでできた地面に打ち込む大型のハンガーが主流でしたが、

最近の流行りとしては小さめのLEDライト(ゴールゼロ ライトハウスマイクロ)などの小さい物を複数個サイト内に掛けて楽しむ方も多いかと。

そんな中、大きい高光量のメインランタンはランタンハンガーか、テントやタープなどのメインポールなどを使って提げて使うと思いますが、

小さいものは、テーブルなどに固定するランタンポール(エッジスタンド等)が人気。

そんな中、

ミッつぁん
ポケットインサイズでコンパクトに持ち運べてポール(最大φ23mmまで)にも板(厚み最大20mm)ちょっと挟んで吊るせるお手軽でかっこいいハンガー

が、NATURE TONES さんから発売されています。

ネイチャートーンズ クリンギングハンガー

 

SPEC&詳細

 

SPEC

アイアン製品のキャプギアで有名なNATURE TONES から販売されており、安心の日本製です。

製品名 CLINGING HANGER(クリンギングハンガー)
カラー サテンブラック【CLG-HG-SB】,レッドチリ【CLG-HG-RD】
展開サイズ 310mm(グリップ含まず)、350mm(グリップ含む最大寸法)
クランプ幅 最大φ23mm、最大板厚20mm
収納サイズ 50 × 190mm 
素材 スチール、粉体塗装 
重量 200g
付属品 収納袋(コットン)
生産国 日本

出典:amazon

 

実物を画像でご紹介

パッケージは段ボール箱。中身は右画像。

本体パーツはパーツ毎に別れて梱包されております。


本体パーツの全てです。粉体塗装がしっかり塗られてる感じで、かなりザラッとな見た目となってます。


クランプ部分。


ハンガー部分はこの穴にボルトで固定。
説明書ではワッシャー2枚重ねでボルトどめになっております。

これは使ってみて分かったのですが、しっかり固定してあると緩める時に蝶ねじが小さく回しずらいのでハンガーに力を加えると簡単に緩めれる様に2枚重ねにしてる様です。


ハンガー部分を伸ばして使う感じです。


収納袋も綿(コットン)のしっかりした巾着袋なのもいいですね。

 

挟める場所&使用例


クランプ部分でテーブル(15mm)を挟んでみた感じ。最大板厚20mmまで挟めます。

 


このクリンギングハンガーのいいところは、ポールに挟めることです。
上記画像はキャノピーポール(19mm)に挟んでみた感じ。最大φ23mmのポールまで可能。


吊るすライトが軽量であれば前後にも角度が多少つけれるのもいいところです。
※重量のあるライトには向きません。

 


ポールだと自重が下に向くので、ちょっと変わった吊り下げ方も可能です。
※負荷がかかりすぎると破損の可能性があ流ので注意が必要です。

このライトが気になった方

ミニマライトのシェードは100均タオルホルダーでゴールゼロ用シェードを流用できますよ。

  先日レビュー記事をアップしました、「5050WORKSHOP ミニマライトRC + 専用リモコン」ですが、 こちらもCHECK 本体のライトが眩しくて直視するとかなり眩しいのです。 そこ ...

続きを見る

 


ですので、ヘリノックスでいう、テーブルワンタクティカルテーブルなどの細いフレームなどにも固定可能です。
上記画像のフレーム+布厚みは約10mmです。
※細いフレームなどへの固定にはいくつか注意が必要です。後ほど説明致します。

これを買った一番は、最近キャンプで使ってるQUICK CAMPの3段ラックがあるのですが、

こちらもCHECK

キャンプ初心者にもおすすめ。QUICK CAMP クイックキャンプ ワイヤー3段ラック。これコスパ最強ラックかも⁉︎

    ミッつぁん 今回はファミリーキャンプ初心者の方々にもお勧めできるお求め易いおすすめラックをご紹介いたします。   キャンプ時のギアレイアウト。 どうせ並べるならス ...

続きを見る

これに直接付けれる灯りが欲しかったんです。


ミッつぁん
なので無事にこんな感じでつけれました

 

使用して感じた注意点

このクリンギングハンガー自体が200gと軽量で、ポケットにも収まるサイズに収納できるのがいいところです。

その反面、重量のあるランタンなどを吊るすには不向きです。

 


私が持ってるこの「ベアボーンズ ビーコンライト」(約300g)ですが吊り下げることは可能ですがちょっと重量がある為、長時間は危ないかなと感じました。
画像右の角度をつける吊し方は重くてつけれませんでした。

ですので、軽量(100g〜200g前後程度)なLEDライト「Goal Zero ライトハウスマイクロフラッシュ」、「ミニマライト」などのクリップハンガーと考えて使う方が無難だと思います。

 

取り外しにくい場合

取り外すときに、ボルトを緩めても外れにくい場合があります。

その場合は後ろ側のこの鉄板部分を下に開いてやる感じで力を入れるとカチッと力点が均等に戻るのではずしやすいですよ。

 

ミッつぁん
フォルムも見た目もカッコかわいい感じです。

小ぶりでポールなど痒いところに挟めて、made in japanのアイアン製。他にはまだない部類のハンガーかと。

ミッつぁん
気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか。

ミッつぁん
今回も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

 

 

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-Campギアレビュー, ライト関連