Campギア

MUKU-MO Mosquito coil Stand 蚊取り線香ホルダーは無骨なカッコ良さで煙も漂わせます。

 

暑い季節がやってきましたね。

この時期のキャンプで厄介なのが蚊の存在ですよね。

で、アウトドアでの蚊除けとしては、今も昔も使われてる蚊取り線香。

その蚊取り線香もカッコよく煙を漂わせたいという、最近のおしゃれキャンプ傾向。

そこで、インダストリアルな雰囲気を醸し出せる、

ミッつぁん
こんな蚊取り線香ホルダーをゲットしてみました。

MUKU-MO iron Mosquito coil Stand


MUKU-MO Iron Mosquito coil Stand(蚊取り線香)

キャンプではアイアン(鉄棒)を使ったランタンスタンドなどのギアも増えてきました。

その中で卓上等で使えるこの蚊取り線香ホルダーはなかなかのカッコ良さです。
思わずポチってしまったって話なんです。

MUKU-MOとは

香川県にある家具屋さん。

ムクモは主に、鉄や木という無垢な素材を取り入れた家具をつくっています。

木も、鉄も、日々の生活のなかで使っていくうちに、 “経年変化” 人とともに風合いの変化がおこります。 「MUKU」という字には、純粋なモノ、気持ち、自然的な意味合いを込められています。 鉄や木といった素材そのもの風合い、アジを大切に・・・それを目にした人の素直な気持ちや感覚を育む、感動ある作品作りをしています。

引用:MUKU-MOより

個人的には数年前にムクモさんの商品で
クランプ鉄脚 Giraffeという商品がカッコよくて、
ずっと気になっております。

出典:MUKU-MO

この鉄脚はクランプ式になってまして、
好きな天板を挟んでテーブルにできるってやつなんです。

 

出典:MUKU-MO

どうです?これカッコいいっすよね〜。

あ、話が脱線しました。
蚊取り線香ホルダーに戻ります。

 

画像多数で紹介


全てのパーツ一式がこれです。


台座部分はレーザー刻印でデザインが刻印されてます。


パイプと台座部分は溶接されています。


蚊取り線香自体をホールドする受け皿部分。


ボルトを使って、蚊取り線香を挟むシンプルな構造です。


アーム自体は先が尖っているので、直接地面などに刺して使うこともできます。


フック部分。MUKU-MOの名彫りが入っています。


パーツを組み上げるとこんな感じ。高さ約41cmになります。
わかりやすく比較として2リットルのペットボトルを並べてみました。

 

パーツ毎で使い方の幅がある


蚊取り線香の受け皿部分だけを使って、他の物にぶら下げたり、そのまま置いたりする事も可能。

出典:MUKU-MO

アームのみ直挿しで使う事もでいますし、


LEDランタンなどを吊るして卓上ライトスタンドとして。

ミッつぁん
僕はこの使い方をしようとこれを買ったといっても過言ではない。

まとめ

価格は5,800円(税抜)です。
個体差にもよると思いますが、
溶接部分など、ちょっと雑なところもあったりしますが、
それも味と思える人なら問題はないかと。

ただ、一つ気になった点が、MUKU-MOショップさんの送料設定が一番小さいもので
全国一律1,430円とこの商品だけに関しては高い気がします。
もともと大きいものを扱われている家具屋さんなので、こういった設定なのでしょうけど。
今回送られてきた梱包にしても80サイズなので、宛先にもよるとは思いますが、
僕の住んでる兵庫県だと香川県からゆうパックだと1,100円でいけます。

この辺りの改善をして頂けると、もっと気持ちよく通販で購入ができるかと思います。

僕はこれを分かった上て、

ミッつぁん
このデザインが気に入ったので結局買ったんですけどね。

気になった方は、検討されてみてはいかがでしょうか?

MUKU-MO Iron Mosquito coil Stand(蚊取り線香)


今年の蚊取り線香ホルダーはこのコンビで。

PUEBCO 蚊取り線香ホルダーは、アンティーク感の真鍮ホルダーで見た目よし。

  最近徐々に気温も上がり、もうすぐ梅雨でジメジメした天気が始まりますね。 個人的に厄介なのが「蚊」の存在です。 今年もどれだけの数を噛まれることか・・・。 キャンプでも予防をしなければと思 ...

続きを見る

ミッつぁん
今回も最後まで読んでいただきありがとうございます。

 

MNKK CAMPブログ更新通知をメールで受け取る

メールアドレスを記入して購読ボタンを押して頂くとブログ更新をメールで受信できます。
当方ブログを気に入って下さった方はどうぞよろしくお願い致します。

-Campギア

© 2021 MNKK CAMP n' Roll